これからの英語教育

文部科学省の学習指導要領改訂を受けて
1980年代 公立小学校での英語活動の必要性が議論され始める
2011年度  小学5、6年生において外国語(英語)活動が必修化
2018年度 一部の学校で段階的に小学3、4年生から外国語活動の導入
     小学5、6年生において英語の必修化(教科として扱われる)
2020年度 2018年度一部とされたものを全公立小学校を対象に完全移行を目指す
でも小学校の授業で習うんでしょ!?
2011年度  実際に5、6年生が年間に受けている外国語活動の授業は35時間程度(週1回)
2020年度 5、6年生で年間70時間程度、3、4年生で35時間程度
     (国の目標:高校卒業段階で英検準2級から2級の合格者を5割以上とする)
2021年度 中学校や高校では英語で授業を行うことが基本となる
大学入試は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に評価する
​目標に対する英語量、足りてますか??
答え:NOT AT ALL !!!
​(まったく足りません)
         英語を始めるのは早いほうが良いって本当?​

本当です。しかし、​お子様の心理的な成長には個人差があります学習に適した年齢と時期は個人により様々です。

物事を自分で考えて発話できるようになった幼児期(2・3歳前後)は沢山の英語をイン・アウトプットできる黄金期です。一方で、理解力がついた児童期(小1・2)に学習をはじめる事で効率よく英語を習得できるお子さんもいます。

何歳から始めても、大量の英語を見・聞きし(インプット)書く・話す(アウトプット)ことは必須です。小学生は英語以外の教科学習も当然必要なため、限られた時間の中で触れることができる英語量もまた限りがあります。やはり小学校入学前の幼児期から英語をコミュニケーションとして楽しむ事ことで、苦手意識をつくらずに高学年、中高生になってからも英語学習に取り組むことができると言えるでしょう。

答え:Now is the time to join us! Let's enjoy English together !! 

       

将来は英語を学ぶのではなく

英語「で」学べるように

海外留学も言葉の壁を越えればもっと楽しく充実したものに

ビジネスシーンでも

活躍の場が広がります

2017 kobekidsenglish.com

touch